ネットの中で風評被害にあっている人を助けてくれる会社

法律と相談窓口

プロバイダ責任制限法

一般に「プロバイダ責任制限法」と呼ばれています。この法律の制定を受けて、インターネット関連の複数の会社が「プロバイダ責任制限法関連サイト」と言うタイトルのサイトで、上記の法律の趣旨を解説しています。
また、ここではプロバイダ側のとるべき行動基準を軸に、申立者、発信者及びプロバイダ等それぞれを尊重し、インターネットの円滑かつ健全な利用を促進する目的で記載されています。
さらに過去の判例等も資料化されていますので、具体的な事例を参考にする場合にも役立つでしょう。大きな括りとしては「名誉毀損・プライバシー関係」や「著作権関係」や「商標権関係」そして、書き込んだ人の特定に必要な「発信者情報開示関係」に分けて整理され、申請に必要な書類のフォーマットや、手続きの流れ等が掲載されています。

インターネット違法・有害情報相談センター

ここまで見て来ましたように、一言で「風評被害」と言いましても、被害のケースごとに、原因も対策も異なりますので、業者さんを決めるときに着目するポイントも、遭遇している状況によりケースバイケースで変わる事が、ご理解頂けたと思います。 「風評被害」をキーワードに、ネットで検索して、救済業務提供会社のリストを得る事が出来ても、その数の多さに、戸惑われるのではないでしょうか?。 そこで、ここでは無料で相談できる所をご紹介したいと思います。「インターネット違法・有害情報相談センター」です。ネットで検索して頂くと、すぐに見つける事が出来ると思います。試しに参考となる情報がないか、とりあえず、FAQをちょっと覗いて見てみるのも良いのではないでしょうか。 ただし、こちらのサービスは、無料であり、得られた情報や知識につきましては、利用者の自己責任で、利活用する必要がありますので、その点はご注意ください。


この記事をシェアする