ネットの中で風評被害にあっている人を助けてくれる会社

WEBマーケティング・コンサルティング

WEBマーケティング・コンサルティング

風評被害の原因の一つとして、利用者が、自社や自社商品またはサービスに関して検索を行った場合に、自社にとって有害なサイトが上位にランクインして表示されてしまい、利用者の意欲を削いでしまっているケースが有ります。この様な場合に、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization, SEO)等の特性をよく理解し、上手に利用することで、有害なサイトのランクを押し下げて、風評被害の対策をしてくれる会社が存在します。
検索キーワードを入れるときに、推論して補完するキーワードが表示されるオートコンプリート機能が有りますが、ここで好ましくないキーワードが表示される事で風評被害に至っている場合には、都合の悪い補完のランクを押し下げるように、異なる補完キーワードで何度も検索を行う事で対処する事も有る様です。

誹謗中傷、悪意の書込み、炎上モニタリング

事実誤認による誹謗中傷や、悪意による書き込みをされた場合に、それを放置しておくと、その書き込みを見た人が、さらに酷いことを書き込む事があり、放置すると、炎上に至ったりする様です。
こう言う事態に、至らないように普段から各種のSNSやネット上のサービスを巡回し、早期に手を打ってくれるサービスを提供してくれる会社が有ります。
問題の書き込みを行った人がすぐに分かるなら、削除要求をして削除してもらえば良いのですが、書き込みを行った人が誰か分からない場合、SNSサービスを提供している会社へのログ開示の請求をしたり、利用者情報の提出を依頼する必要が発生します。
そして、情報開示請求に、当事者以外の者が、有償で代理請求を行うためには、弁護士資格が必要な場合が有ります。


この記事をシェアする