ネットの中で風評被害にあっている人を助けてくれる会社

ネットに纏わる問題は多岐に渡るため、被害を見極めましょう

法的手続きには、弁護士資格が必要

虚偽の風説を流布し他人の業務を妨害した場合等は「信用毀損及び業務妨害」に当たる場合が有りますし、「名誉毀損」は、相手の社会的評価を下げる言動で、その言動が真意を確かめることができる内容であって、公然場でなされた発言や掲載だった場合は成立します。
また、「風評被害」や「誹謗・中傷」は刑法に掲載が無いのに対して、「信用毀損及び業務妨害」「名誉毀損」や「侮辱」は刑法に記載が有ります。問題の解決に向けて、相手方の違法性を証明し、削除手続きの申請を行ったり、損害賠償請求を行う行為は、弁護士資格が必要な行為ですから、弁護士資格を有しないと被害の救済業務を行うことは出来ません。きちんとした弁護士さんは、被害者当人と面談を行い、自分で、きちんと状況を聞いて仕事を進めるそうです。是非とも、きちんとした弁護士さんの居られる会社に依頼したいですね。

法的手続きを必要としない場合

よく似た会社の名前の事件・事故の影響で、全く関係の無い自社の売上が激減した場合等は、「風評被害」と言えるでしょう。この場合、事件・事故を起こした企業とは無関係の企業である事を、顧客に知らせる事で、被害を回復できるかもしれませんから、PRや周知活動等が効果的かも知れません。その為にはWEBマーケティング関連のコンサルティングを受けるのが、良い選択になる可能性が有ります。
大手SNS等に、当該の当事者企業との関連性を問う書き込みが、仮に成されているなら、当該当事者企業との関係性は全くない別会社であり、何の懸念もない事を、回答欄に書き込む等して、世間の評判を、良い方向へ導く行動がとれるようにしてくれる支援サービスなどを受けると良いでしょう。


この記事をシェアする